君の中に眠る課題解決力を開放せよ

君の中に眠る課題解決力を開放せよ

これからみなさんがエンジニアとして社会にはばたくとき、
市場で求められる人材になるために必要不可欠な、
プログラミング以外の能力があります。

それは 「課題解決力」

技術が身に着く、コードかけるのは当たり前の時代。
新しいビジネスを創出したり、ユーザーへの価値を生みだすためには、
エンジニアの視点からも課題の本質を捉え、解決策を見出していくことが重要です。

そんな課題解決力を培っていく中で土台となるために必要な技術力を腕試すチャレンジを用意しました。

このチャレンジ求人を突破していただけると、特別選考権、または春のインターンの早期選考権をプレゼント!

学校では学べない、「課題解決とは何か」を体験するための一歩を踏み出したい、市場価値の高いエンジニアになっていきたい、という方のチャレンジをお待ちしています。

Speeeで重視する課題解決力とは

  1. 課題の本質を見極め、技術を手段に解決する能力
  2. ビジネス側のリクエストにただ応えて作るのではなく、疑問をぶつけ、よりよいやり方を考え抜く、プロダクトへのコミット力
  3. 打席に立ち挑戦し続けることにより課題を捉える力を磨き、技術観点の新しい気づきを企画サイドに与える

「技術だけ」にはならない、課題解決の価値を知るエンジニアへの第一歩を踏み出しましょう。

エントリーフロー

  1. 「挑戦する」ボタンからエントリー
  2. チャレンジの結果に応じて面談のご案内
    ※インターン参加、または特別面談等、ご希望に応じて次のステップをお選びいただけます。

23新卒早期選考受付中!!

1つでも当てはまる人はチャレンジ!!

  • 難易度の高い課題に挑戦するのが好き
  • 物事の理由や背景を考えるのが好き
  • 技術への溢れる好奇心を持っている
  • 作るだけではなく、「誰のために」「何のために」を考えて作りたい
  • これからの就活に向けての指針を決めていきたい

Speeeについて

事業/ カルチャー

エンジニア組織

  • 少数チーム制でCTOがいないため、一エンジニアの裁量が大きく、責任と自由さを持って開発ができる
  • プライベートでのサービス開発の際のサーバー費用を毎月1万円支給、国内外のカンファレンス参加費・渡航費補助、書籍購入費用補助毎月1万円支給等、技術研鑽のための福利厚生が豊富
  • 毎週全エンジニアがあつまるエンジニアミーティングがあり、LT回が行われることも
  • 村田賢太(@mrkn)というRuby言語開発者であり、世界中で使われるOSSのApache Arrowなどを開発しているエンジニアが在籍
    https://tenshoku.mynavi.jp/it-engineer/knowhow/interview/50
  • 技術ブログも随時更新
    https://tech.speee.jp/
  • エンジニア最高責任者との特別面談チケット
    • キャリア相談、技術レビュー等、就活に向けての準備に活用ok
  • 3月中の回答で、春のインターン早期選考権
    • 通常選考時期は4月中旬開始のところ、チャレンジ求人参加者のみの早期選考権をプレゼント
    • インターン参加決定で技術書贈呈